不動産売却の流れ
      不動産売却にあたり、御相談をされる前に、下記の内容を御確認を頂いておりますと、御相談時にスムーズに話を進めることができます。
          POINT 売却の理由を明確にしましょう。
          ライフスタイルや家族構成の変化、環境・経済状況の変化など、様々な理由があると思います。まずは売却する理由を整理してみましょ
          う。その上で、「住み替えの時期は?」「手元の資金は?」など、自分自身の希望や経済状況などを確認します。
          売却価格や時期などの条件、住み替えのイメージを持つことができます。

      売却の理由が明確になりましたら、不動産売却の流れとしては下記のようになります。
      ① 売却相談・・・不動産相談受付表に記入頂き、相談内容を一緒に確認致します。

      ② 査定依頼・・・売却価格がいくらになるのか分からなければ、計画を立てれません。価格査定はもちろん無料です。

      ③ 物件調査・・・適正価格をご提案する為に、売却予定物件の調査を行います。
               物件に関する情報をできるだけ正確に購入希望者へ提供し、契約締結後のトラブルを防止するために、物件に不具合や欠陥な                ど(契約では「瑕疵(かし)」といいます)がある場合には、「重要事項説明」という制度に基づく詳細な物件説明を行いま
               すので、物件調査に御協力をお願い致します。

      ④ 価格査定・・・物件調査を基に取引事例や市場動向等を参考にし価格査定を行います。

      ⑤ 媒介契約・・・正式に売却を決定されましたら、売却活動のご依頼として、媒介契約を締結頂きます。媒介契約には3つの形態がございま
               す。(ご希望の契約をお選び下さい。)
               媒介契約の種類と特徴は下記の通りです。
 専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約
他社への重ねての仲介依頼不可不可可能(明示型の場合は、他社へ重ねて依頼した場合は通知義務あり)
自ら探索した相手方との直接契約不可可能可能
契約の有効期間3ヶ月以内3ヶ月以内法令上の制限はなし(ただし、行政の指導は3ヶ月以内)
指定流通機構への登録媒介契約締結の日から5日以内媒介契約締結の日から7日以内法令上の義務はなし(任意での登録は可能)
業務処理状況の報告義務1週間に1回以上2週間に1回以上法令上の義務はなし(任意で報告を求めることは可能)

      ⑥ 販売開始・・・媒介契約の売り出し価格を基に販売活動を行います。売出し価格は、販売活動に大きく影響しますので、希望売却価格だけで
               はなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めるようにしましょう。

      ⑦ 契約交渉・・・購入希望者様と売却条件について交渉を行います。価格の条件は最も重要ですが、その他の条件についても、譲れる点と譲れ
               ない点を明確にして、交渉を進めましょう。

      ⑧ 売買契約・・・売買条件が合意しましたら、買い主様と売買契約を締結します。

      ⑨ 決済・引渡し・・・引き渡し手続きでは、売買代金を受領するのと同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。細かな設
               備・備品等の取り扱いなどについても、買い主と売主様双方で現地立ち会いを行い十分に確認をしましょう。また、引き渡し
               後の税務申告などの手続きも忘れずに行いましょう。